2014年09月17日

カセットボーレートを4,800ボーにする

ども、ぺるもです。

知っている方は今更?と思うかもしれませんが、S1ではカセットボーレートが4,800ボーまで設定する事ができますが、BASICではサポートされていません。

S1 BASICのカセットボーレートを指定する命令、MOTOR文だと以下の設定となります。

MOTOR ,0…600BPS(初期設定)
MOTOR ,1…1,200BPS
MOTOR ,2…2,400BPS


同様の事が$FFD7に値を書き込むことでできます。

POKE &HFFD7,0…600BPS
POKE &HFFD7,1…1,200BPS
POKE &HFFD7,2…2,400BPS
POKE &HFFD7,3…300BPS

POKE &HFFD7,6…4,800BPS


同時にMOTOR文でサポートしていない300BPSの指定もできます…が、誰使うんですかこれ。
当時でもPC-6001は1,200BPSでしたし、カセットデッキを内蔵してたMZ-80B/2000は2,000BPS、X1に至っては2,700BPSを誇っていました。
こういう所を売りにしないのが日立らしいと言うか、4,800BPS対応してまっせ!的なデータレコーダーを売れば周辺機器も売り上げ伸びてウハウハだったと思うんですけどねぇ。
デフォルト600BPSって…PC-8001と同速にしてどうするんですか、って感じですね。

現在ですが、前回のオペレーション:カセットテープ#2での成功を受け
S1活用研究のリストを打ち込んで

140917_01.jpg

テープベースでEASY-S1動かしてます。
いやぁ、本に書いているダンプリスト打つのめっちゃ楽しいんですがw
完成したらプログラム動くぞ、と思うとめちゃワクワクしますね。
しかしすっかりアセンブラも忘れております。
V-RAM直接アクセスして文字を出す方法が分からなくて、システムコール使っちゃいました。
てかEASY-S1の画面写真のサンプルとほぼ一緒…orz

とりあえずIG Editor作ってみますw
ディスクの復旧作業は並行で行う予定。

にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン・周辺機器へ
にほんブログ村
posted by ぺるも at 09:58| Comment(0) | S1-Chips

2014年09月08日

オペレーション:カセットテープ#2

ども、ぺるもです。
BGVにYouTubeやニコ動の昔のパソコンCM流してますが、懐かしすぎてつい見入ってしまいます(^^;
S1ないのかなぁ…走る馬…。
日立のMSX・H2はありました、工藤夕貴が若い!

さて、以前オペレーション:カセットテープでうまく行かなかったWindowsPCでのWAV録音によるロード・セーブのテストを再度やってみました。

前回はヘッドフォン端子にカセットケーブル挿すと音が聞こえなくなると言う状態を回避するため、100均でステレオケーブルの分配器を買ってきました。

140908_07.jpg

ここで、気付いたのですが、テープ読み込み時に流れる「ピーーーー」という音、あれが常に流れています。
実はあのピー音は常に発せられていて、普段はリモートでテープを止めておいてセーブ時にあのピーを書き込むことが分かりました。

PCから読み込ませるとなると、あのピー音も反映されてしまうので、ロード時は録音ケーブルを外してやる必要があった訳です。
これが前回読み込みができなかった原因ですね。

え?そんなの当たり前?(^^;


さっそく即興でプログラムを組んでセーブしてみます。

140908_03.jpg

これを録音ツール「超録」で録音します。

140908_02.jpg

メディアプレイヤーで再生

140908_04.jpg

S1側は…

140908_06.jpg

認識しました!
実行もばっちり!

何とかこれで今後のプログラムの保存をPCで確保できるようになりました。
ディスクドライブが動けば、フロッピーに入れていたプログラムをバックアップできるんですけどねぇ。
あぁ、先にこっちやっとくべきでした…後悔先に立たずorz

何気にニコ動でMZ-2500関連の動画見てたんですが、その中でちょっと興味を引かれる動画がありました。



これを元にしてテープベースのソフトをS1を介さずにファイル化できるかもしれませんね。

にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン・周辺機器へ
にほんブログ村

posted by ぺるも at 16:56| Comment(0) | S1で遊ぶ

2014年09月06日

ディスクが動かない日々再び

ども、ぺるもです。
だいぶ日が経ってしまいましたが、かべきんさん、先日はありがとうございました。
S1エミュが実際に動かないって話は意外でした。

先日鳴らなくなってしまったPSG+JOYSTICKカードを渡すためにS1の電源を切り、カードを引っこ抜いて持っていったわけですが…。

当初から予測していた通り、DISK BASICから起動できなくなりましたorz

とはいえ、最近ちょっと忙しかったせいもあり、昨日までS1をいじっていなかったのですが、改めて立ち上げて「BASIC User Area 100K Bytes」の文字を見るたびにorzな気分になります。

とりあえず、1番用のドライブは生きているはずなので、ディップスイッチを0番に設定して繋げてみたんですが…。

動きませんorz

ドライブの基板をよーく見ていたんですが、あることに気付きました。

ドライブ0
140906_04.jpg

ドライブ1
140906_03.jpg

なんかチップが挿さっています。
これか?これが起動しない原因か!?

いそいそとマイナスドライバーを持ち出し、引き抜き、1番ドライブのソケットに差し込んでみました。

起動!

140717_10.jpg
(写真は使い回しですが出る画面は一緒なので)

がっでーむ!!

…という事で、当面テープベースでしか使うより手はない気がしてきました。
あぁ…やはり動くからと言って酷使してはいかんですね。
後悔先に立たずorz

かべきん様の記事も読んでみましたが、あれもドライブ1として使ってますもんね…。
起動ドライブとして設定する事がディップスイッチの他にあるんでしょうか?

あとは

140717_21.jpg
(写真は使い回しですが状態は一緒です)

いよいよこいつの出番か…?

にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン・周辺機器へ
にほんブログ村
posted by ぺるも at 20:46| Comment(2) | S1の修理