2014年10月21日

@箱付 日立MB-S1/40+純正モニタ 動作OK 倉庫番2付/3FGWAK

ども、ぺるもです。
ヤフオクアラートに日立 MB-S1というキーワード入れているんですが、アラートからメールが来ていたので開いてみると…!

@箱付 日立MB-S1/40+純正モニタ 動作OK 倉庫番2付/3FGWAK

うぉぉぉ!モデル40じゃないですか!
12インチモニターと倉庫版2のテープ版ソフトも付いています。

こここ、これは欲しい…。
早速入札してしまいました…落札できるといいなぁ…。

しかし、この出品出しているものが少し微妙です。
説明を見ると
■MB-S1/40本体以外に以下の物が付属致します。
□外箱
□キーボード
□日立カラーディスプレイ/C12-2120
□C12-2120用外箱
□デジタル8pinRGBケーブル
□倉庫番2

■本体、キーボード、モニタには経年の汚れや変色がございます。
■キーボードはケーブルの皮膜が破損しています。
■キーボードのコネクタが当初変形していたのでペンチで修復しました。
■箱には目立つ痛みがございます。
■C12-2120の内箱用発泡スチロールは破損しております。
■倉庫番2はテープのみになります。
■テープを起動する際には別途データレコーダとCMTケーブルが必要になります。

■キーボードからの入力を確認致しました。
■リセットスイッチの動作を反応致しました。
■モード切り替えスイッチの動作を確認致しました。
■ドライブ0から日立S1漢字DISKBASICIIの起動確認が出来ました。
■デジタルRGB端子からの映像出力を確認致しました。
■内蔵スピーカーからの音声出力を確認致しました。
■音量調整ボリュームの動作を確認致しました。
■CMT端子からゲームのロードが出来ました。
■モニタは明度の調整が出来ました。
■その他は未チェックになります。


とありますが、
・漢字DISK BASICIIで起動確認しているのにその漢字DISK BASICIIは出品しない事。
・写真には倉庫番2のタイトル画面が写っているのにCMTケーブルは付属していない事。
この2点が非常に気になっています。
そもそも漢字DISK BASICIIってソフトの存在を知りませんでした。
出品者がこの出品分とは別ににS1を持っていて結構使い込んでいる、と予想しているんですが、どうでしょう…?
もし落札できたら取引後に情報交換等できないか聞いてみたいと思います。

<追記>
Twitterで見つけました。




レトロゲームショップBEEPさんからの出品のようです。
漢字DISK BASICIIについて聞くのは無理そうですかねぇ…。


にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン・周辺機器へ
にほんブログ村
posted by ぺるも at 17:01| Comment(9) | S1とオークション

2014年10月18日

グラフィックの座標バグ

ども、ぺるもです。

IGエディタを作ってて気付いた事。
このエディタ、320x200ドットモードで作っているんですが、
座標指定が命令によって違います
バグといっていいのかな…いやバグだろ、これは。

画面をご覧ください。

141017_01.jpg

こちらが640x320ドットモード(SCREEN 1)、

141017_02.jpg

こちらが320x200ドットモード(SCREEN 0)です。
S1の文字の大きさと位置が違う事が一見して分かるかと思います。
対して四角は同じ大きさです。
調べた限りではLINE文とPSET文が右端639固定です。
そして、SYMBOL文、POINT関数はモードにより右端の座標が変化(319/639)します。

ここで不思議な現象が起こってきます。
640x200モードでは
PSET(200,100),4

Ready
?POINT(200,100)
4

Ready

まぁ、これは当然でしょう。
しかし、320x200モードでは
PSET(200,100),4

Ready
?POINT(200,100)
0

Ready


と、同じ座標に点を打って調べているにもかかわらず、打った点の色が帰ってきません。
なぜこのような事が起こっているのか…原因はLEVEL3 BASICにあるようです。

LEVEL3 BASICでは160x100ドットのノーマルグラフィックモードと640x200ドットのハイレゾグラフィックモードが使えます。

ノーマルグラフィックモード(SCRREN 0)だとこんな感じ、

141018_01.jpg

ハイレゾグラフィックモード(SCREEN 1)だとこんな感じです。

141018_02.jpg

ドットの荒さに違いはありますが、線の角度が一緒である事は確認できるかと思います。
LEVEL3 BASICでも右端の座標は639で固定です。

そして、LEVEL 3はグラフィック命令がLINE、PSET、PRESETしかありません。
SYMBOL命令、POINT関数はS1 BASICのみサポートされています。
つまり
L3から引き継いでいる命令…右端639で固定
S1からサポートされた命令…右端はモードによって変化
という事になります。
互換性を重視したとも取れますが、こんな中途半端な対応するくらいなら、統一すべき話だったと思います。
前回の4,800BPS非サポートの件といい、S1もリリース時期が迫って十分な仕様を固定できずに出してしまった感がありますね。
640ドットモードで使う分には問題がないですし、チェックに漏れがあったのかもしれません。

にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン・周辺機器へ
にほんブログ村
posted by ぺるも at 12:24| Comment(4) | S1-Chips

2014年10月17日

4,800BPSの罠

ども、1ヶ月ぶりの更新のぺるもです。
最近はIG Editor"IGE"をずっと作成していたんですが、セーブ方式であれやこれや試していて、結局メモリにIGデータの内容を書いてSAVEMで記録するという形式に落ち着きました。
BASICじゃ処理があまりにかかるので、EASY-S1でIGデータの読み出し/書き込みルーチンをガリガリ書いていってました。
6809もすっかり忘れてしまっております…(^_^;

141017_04.jpg

ところが、

141017_05.jpg

読み込みの段階でDevice I/O Errorが出てしまいます。
昨日までうんうん悩んでいたんですが、調べた結果

4,800BPSではLOADMは使えない

事が分かりました。
試しに2,400BPSに切り替えたらあっさり動く始末…(汗)。
システムコールにZLOADMルーチンがあったので、サンプルをほぼ丸写しで入力してみましたが、結果は一緒でした。
BASICから丸々読んでるみたいですね。

EASY-S1にもカセットボーレートを変えるMTコマンドでメモリのロード・セーブはできませんってありましたし、ボーレートを2,400BPSに切り替えるか自前でロードセーブルーチン作るしかなさそうです。

BASICのSAVEやEASY-S1のSVコマンドは問題なくできるのに、なぜSAVEMだけ…4,800BPSをサポート外にした原因が垣間見えた気がします。

にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン・周辺機器へ
にほんブログ村
posted by ぺるも at 14:05| Comment(0) | S1-Chips