2014年09月08日

オペレーション:カセットテープ#2

ども、ぺるもです。
BGVにYouTubeやニコ動の昔のパソコンCM流してますが、懐かしすぎてつい見入ってしまいます(^^;
S1ないのかなぁ…走る馬…。
日立のMSX・H2はありました、工藤夕貴が若い!

さて、以前オペレーション:カセットテープでうまく行かなかったWindowsPCでのWAV録音によるロード・セーブのテストを再度やってみました。

前回はヘッドフォン端子にカセットケーブル挿すと音が聞こえなくなると言う状態を回避するため、100均でステレオケーブルの分配器を買ってきました。

140908_07.jpg

ここで、気付いたのですが、テープ読み込み時に流れる「ピーーーー」という音、あれが常に流れています。
実はあのピー音は常に発せられていて、普段はリモートでテープを止めておいてセーブ時にあのピーを書き込むことが分かりました。

PCから読み込ませるとなると、あのピー音も反映されてしまうので、ロード時は録音ケーブルを外してやる必要があった訳です。
これが前回読み込みができなかった原因ですね。

え?そんなの当たり前?(^^;


さっそく即興でプログラムを組んでセーブしてみます。

140908_03.jpg

これを録音ツール「超録」で録音します。

140908_02.jpg

メディアプレイヤーで再生

140908_04.jpg

S1側は…

140908_06.jpg

認識しました!
実行もばっちり!

何とかこれで今後のプログラムの保存をPCで確保できるようになりました。
ディスクドライブが動けば、フロッピーに入れていたプログラムをバックアップできるんですけどねぇ。
あぁ、先にこっちやっとくべきでした…後悔先に立たずorz

何気にニコ動でMZ-2500関連の動画見てたんですが、その中でちょっと興味を引かれる動画がありました。



これを元にしてテープベースのソフトをS1を介さずにファイル化できるかもしれませんね。

にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン・周辺機器へ
にほんブログ村

posted by ぺるも at 16:56| Comment(0) | S1で遊ぶ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: