2017年04月09日

S1モデル05エミュレータV0.3.0

ども、退院して以来すっかりS1関連の作業やってないぺるもです。(^^;
ブログも更新しようと思いつつ、すっかりのびのびになってしましました…レトロエクスプレスの参加はいつになるのやら(^^;
さて、だいぶ前の話ですが、Sasajiさん制作の「S1モデル05エミュレータ」がバージョンアップされました。
更新内容は以下の通り
[新機能]
・仮想キーボードを実装した。
・FM音源カードを実装した。
・パワーオフの状態にできるようにした(設定で変更可能)。
・最近使用した状態ファイルの履歴を記録するようにした。
・FDのフォーマットなどWRITE TRACKコマンド使用時はトラック全体を作り直すようにした。
・トラック情報のないd88ファイルをフォーマットできるようにした。
・[VC版]Windows7以降でMedia Foundationによる録画、録音に対応した。
・[デバッガ]ブレークポイントのアドレスに現在アドレス、次アドレスを指定できるようにした。
[改修]
・キー割当をVC版とSDL版で共通化した。このため、旧バージョンのキー割当は無効になり現バージョンのキー割当に初期化されます。
・最近使用したファイルの履歴を20ファイルまで記録するようにした。
・FDのアクセススピードを変更した。
・音量のバランスを変更した。
・パワーオンリセット時の挙動を変更した。
・メモリウェイトなしの選択肢をメニューから設定ダイアログに移動した。
・CPUが未定義命令を読み込んだ際にメッセージを出力するかどうかを設定できるようにした。
・[Mac版]設定ファイルやログファイルをappフォルダの外に保存するように変更した。
・[デバッガ]JMP,JSRのダイレクトアドレッシング表記がおかしい不具合を修正した。
・[デバッガ]U,UPコマンドでの逆アセンブルでダイレクトアドレッシングの表記を変更した。
・[デバッガ]マッピングされていない領域を逆アセンブルすると分岐命令の分岐先アドレスの表示がおかしい不具合を修正。
・[デバッガ]CPUの未定義命令を逆アセンブルすると表示が崩れる問題を修正。
・そのほか内部のコードをいろいろ変更。


何といっても今回の目玉はFM音源対応でしょう!
昔の8ビットパソコンをかじってる人ならご存知かもしれませんが、S1は標準でPSG3和音、オプションでPSGカードが発売されていてそれを付けても最高PSG6和音で、FM音源カードは発売されていません。

ただ、昔いつかは忘れましたが、パソコン雑誌のI/OにS1用のFM音源カードを製作された記事が掲載されまして、それをエミュレートしたものと思われます。
自分もいつか作ろうと記事だけ切り抜いて持っています…結局作っていませんが(^^;

170409_01.jpg

FM音源3音+PSG6音で9和音の演奏ができるというのもすごいですね。
実機でここまでのシステム組んでいる人もそういないでしょうが。

やはりファンタジーゾーン作ろうと思ったらPSG版とFM音源版を用意しなければ…ってマスターシステムかよ!(^^;

にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン・周辺機器へ
にほんブログ村

posted by ぺるも at 15:38| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: